お役立ちブログ

冬場に腰痛を当たり前にしないために!

 

 

冬場になると腰の痛みに悩まされていませんか?

 

 

 

普段から体の柔軟性が低い方は要注意です!

寒くなると、筋肉の硬い状態からさらに筋肉が硬くなってしまいます。

 

筋肉の許容範囲を超えなければ硬くても何も症状としては感じることはないですが、

硬さが限界に達すると特に原因もなく痛みを感じるようになり、

ひどい場合はぎっくり腰を発症し生活に支障がでる場合も少なくありません。

 

筋肉の許容範囲は数字などでは表せませんが、コリ感や張り感、違和感などを

感じたら危険な状態ですので、痛みに変わる前に治療をしておくとよいでしょう。

 

よく、ぎっくり腰はくせになると言いますが、体の硬い状態を解決していなければ

ぎっくり腰が改善してきても、また再発するリスクがあります。

 

腰痛予防の方法は、継続的にストレッチを行って筋肉を柔らかくし、

血流のいい状態を常に保っていくことが大切です。

 

 

ストレッチは朝昼晩が理想です

 

 

一日1回する場合は入浴や運転後など体を温めてから行うと、

より効果的に柔軟性をたかめる事ができ腰痛防止につながります。

治療院でしかできないことは治療院で。

 

 

ただ、自分で出来るセルフケアも大切だという事も

覚えておきましょう!

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

風邪やインフルエンザに注意を!!!

もう1月も終わりなりかなり冷え込む時期になって来ましたね。

高校・大学受験などを控えている方も多いかと思いますが、

みなさん風邪やインフルエンザで体調を崩していませんか?

今日は誰でも簡単にできる風邪、インフルエンザの予防についてです!

まずは手洗い。

風邪やインフルエンザのウイルスや菌は手を介して

体内に侵入し発症をしてしまいます!

食事の前、外出後には必ず手を洗う様にしましょう!

次に小まめに水分補給をする事です!

のどや鼻の粘膜にある「線毛(繊毛)」には

ウイルス・菌を体内から排泄されて役割があります。

体内の水分量が減ると線毛(繊毛)の乾燥を招き

線毛運動はが鈍くなってしまいます。

こまめな水分補給を心がけてウイルスの侵入を防ぎましょう。

ちなみに水分補給は20分おきの水分補給が効果的

感染部分に到着してから細胞内に侵入するまでに

最速で20分といわれています。

そのため感染部分についているウイルスを洗い流しましょう!

ウイルスは消化器官内に入ると分解されるので

感染・増殖することはありません!

 

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

以外な乾燥対策とは!?

 

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

さて新年早々、患者様・スタッフから“インフルエンザ”に悩まされている方が

続出しています。正しい対策をしてしっかりと予防を意識しましょう!

今回はタオルを使って乾燥を防ぐ方法をお伝えします。

 

 

お部屋を手軽に加湿できる方法として昔から知られているものといえば、

濡れタオル」です。

加湿器などが無くても、濡れタオルを使うだけで空気を潤すことができるため、

冬の乾燥対策の1つとして良く知られています。

しかし、「濡れたタオルを干しておくだけで本当に部屋の加湿になっている

のだろうか…?」、と気になっている方も多いのではないでしょうか?

本日はそんな方に向けて、濡れタオルの効果や濡れタオルを使った

正しい加湿のやり方を中心にご紹介いたします。

 

 

 

結論から申し上げると、濡れタオルには十分な加湿効果が期待できます。

その原理としては、洗濯物を部屋干しする時と同じです。

濡れたタオルが乾いていく過程で、タオルに含まれる水分がゆっくりと

蒸発していきます。この蒸発した水分によってお部屋の空気が徐々に潤い、

乾燥対策になるというわけです。

 

もちろん加湿器のような即効性はありませんが、濡れタオルに含まれる水分が

時間をかけて空気中に放出されることで、お部屋の湿度をキープすることが

できるという点が大きなメリットと言えるでしょう。

 

濡れタオルを使ってお部屋を加湿するためには、

4つのポイントを意識すると良いでしょう。

  • 濡れタオルは8畳の部屋で、大判のバスタオル1枚〜2枚が目安
  • タオルを濡らしたら水滴が落ちない程度にしっかりと絞る
  • 絞ったタオルは洗濯物干しやハンガーなどにかける
  • 就寝前や外出前などに行う

正しい加湿方法で自分自身で体を守りましょう!

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

忘年会、新年会の飲酒運転に注意!!

年末になり忘年会シーズンになりましたね。

そんな中、飲酒運転でつかまりやすい時間帯をご存知でしょうか?

実は朝の5時〜10時の時間帯が飲酒運転の摘発が多い様です。

前日の夜にお酒を飲み睡眠を取ったから大丈夫だろうと車を運転して捕まっているケースが多く発生しているそうです。

お酒を飲んで

睡眠を取ったからといってアルコールが抜けるものではありません。

逆に肝臓への血流が低下し、分解は遅くなります。

肝臓への血流が低下し、分解は遅くなります。

度数5%のビールを500ミリ・リットル飲んだ場合、

アルコールは約20グラムなので5時間は運転できないと教えています

※アルコール量の計算式 お酒の量×アルコール度数×0.8

ちなみにお酒に強い人、弱い人といるかと思いますが強い弱いがあっても

アルコールの分解には強くても分解の時間がかかってしまう方もいます

年末年始はご家族、親戚で集まってお酒を飲むかと思いますので

飲酒運転にはご注意ください。

 

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

正しい靴の選び方

突然ですが!!

今、履いている靴

あなたの足にあっていますか?

人それぞれに顔が違うように足の形も違います。幅の広い人もいれば、偏平足の人もいるでしょう。

一般的に日本人は甲が高く幅が広い足で、反対に欧米人は甲が低く細い足だと言われています。

たとえ体重・身長が同じでも、同じ靴が合うとは限りません。

 

靴の購入は午後

なるべく午後に購入すること

人間の足はだいたい朝と夕方では、0.5~1.0cmくらい大きさに差があると言われています。これは体重がかかりアーチ部がたるんできて、広がってしまうことがひとつと、血液が立っていることで足へと下りてきて、うっ血してしまうためです。

だからシューズを購入するのは、足が大きくなった午後がいいということになります。大きい状態で履いておくと後でつらい思いをせずにすむでしょう。

 

試し履き

シューズを購入する場合、実際に履いて感覚をつかむことが大切。これから長く付き合っていくものなのだから、しっかりと細かくチェックしておきましょう。合わないシューズを履いていると、血行障害による足の疲れや、運動機能の低下をまねく危険もあるからです。

また、試し履きをする時に片足しか履かない人が多いと思いますが、必ず両足とも試すことをおすすめします。人によって左右の足の形が違ったり、サイズに差があるからです。この時シューレース(靴紐)もしっかり結び、甲に伝わる感触をつかむことも忘れずに・・・。

甲は?

足と甲の間がゆるいと、マメが出来る場合がありますし、またきついと血行が悪くなって疲れやすくなります。極端に合わないとき以外はシューレースで調節してみましょう。

つま先は?

シューズを履いて立った時に、足の指を動かして、自由に動くか 確かめてください。1.0~1.5cmくらいの余裕は必要です。親指や小指の付け根はきついと骨の異常を招いてしまうこともあります。

アーチ部は?

アーチクッションが土踏まずとズレていると、アーチに摩擦が加わり疲労を招く原因になります。偏平足の人は特にアーチクッションの位置に注意してシューズを選んでください。

かかと部は?

かかとを浮かしてシューズが逃げてしまうようでは、着地する時に不安定になり危険。ワンサイズ小さいものを選ぶとよいでしょう。かかとをくわえ込むようにフィットするのがベストです。

select - フィット感を綿密にチェック・1-甲は・・・

片足で立つと足はさらにおおきくなる

右足で立ち全体重をかけると、右足の底面への接地面積はかなり広がります。立っているだけでも差があるのですから、走ったりジャンプしたりするともっと大きく足に負担がかかるはず。

だから少しくらい気が引けても、ちゃんと片足でのチェックをしてください。これもまたいいシューズを選ぶための大切なポイントなのです

最後にシューズのかえりを確かめる…

どこで曲がるかどれだけ曲がるか

シューズのかかとの下とつま先を両手で持って、内側に軽く押してみると、どの位置でかえっているかがわかります。かえりの位置はシューズの指先から3分の1、かかとから3分の2あたりがベスト。その他の位置で曲がったりしているのは失格です。しかし、必要以上に柔らかいのは避けるべきです。

ちなみに先日、患者様のから靴をいただきました!!

院のロゴ入りで最高です!

 

 

参照 https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/support/help/shoes/select

千葉市緑区あすみが丘8-2-2

グリーンヒル鍼灸整骨院

043-309-7289

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

お怪我をされた時の対処法!!

お仕事や運動をして肩が痛くなったり、

腰が痛くなったりした事ある方も多いかと思いますが

そんな時どの様な対処をしましたか?

もしかするとその対処方法が逆に悪化させる原因となっているかも入れません。

よくお聞きするのが腰が痛くなってお風呂で温めたが良くならないなど、

腰が痛くなれば温めた方が良いと言うものでもありません。

その時の場合に応じて温めるのか、冷やすのかを変えないといけません。

そこで誰でも簡単に判断できる方法は、

怪我をされたところが温かければ冷やして下さい。

それと反対で冷えていれば温めて下さい。

基本的にはお怪我をされると血液量も上がり熱感も出てきます。

熱感が出てきたら腫れの原因にもなりますので冷やす様にしてください。

次回は怪我をした時の応急処置についてお伝えします。

 

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

スポーツ外傷も対応しております。

続けている運動でお怪我はされていませんか?

継続的に運動を続けていてある時の怪我をきっかけに

運動をやめてしまっているそんな方も多いのではないでしょうか?

その様な怪我を整形外科でしか観てもらえなと思い込んでいませんか?

接骨院でもスポーツでの怪我も

しっかりと治療させていただいております。

当院では特殊な治療や運動前のテーピング

アフターケアのストレッチまで指導しております。

気になる事がありましたらお気軽にご連絡ください!

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

あなたの腰痛の原因は・・・「冷え」!?

もしかして、あなたの腰痛の原因は「冷え」かも知れません…… 「冷え腰痛」の見分け方

「なんだかいつも腰が痛い……」毎年冬になると、腰痛で苦しむ人が増える傾向にあります。そんな「腰痛持ち」の皆さん、その痛みの原因の特定は出来ていますか?

お風呂に入ったり、運動したりして体が温かくなると、腰の痛みが楽になる、という人。このような方は、冷えから起こる腰痛だと考えられます。

寒い季節特有の冷えからくる腰痛対策は、当然のことながら「冷やさないこと」が重要です。そこで、簡単に実践できる腰痛対策の中から、効果の高いものをいくつかピックアップしてみました。

(1)ご洋服での対策

下半身を冷やさないことがポイントなので、女性の方の服装はパンツスタイルがおすすめです。スカートをはく場合には、必ず厚手のタイツやスパッツを併用しましょう。

足元はパンプスやヒールよりもブーツなどの保温に適したものを選ぶことがポイントです。足を廻った血は、心臓に戻るまでで腰の付近を通ることになるので、足が冷えれば腰も冷えて、しいては体全体が冷えてしまうことになります。

(2)仕事での対策

デスクワークや立ち仕事など同じ姿勢が続く場合は、温度が低い場所である・ないに関わらず、体の筋肉を緊張させて、血行が悪くなってしまいます。定期的に体を動かすよう意識して、こまめに筋肉のコリをほぐす習慣をつけるようにしましょう。

出来れば、同じ姿勢で作業するのは1時間までが目安です。1時間作業したら、一度は席をはずして体を動かすようにしましょう。腰の周辺の筋肉をほぐすため、前屈をして床に手を近づけるストレッチなどがおススメです。

(3)入浴での対策

「面倒だから」とシャワーで済ませることが多い方は、できるだけお湯に浸かる日数を増やすことをおススメします。シャワーだけでは体が十分に温まりません、冷えの原因となり易いです。

一方で、これは男性に多く見られますが、熱いお風呂に入るのが好きな人、こちらも要注意です。熱いお湯は、体の表面を急激に温めるだけで、お風呂から出るとすぐに体温は下がってしまい、その後急激に体を冷やしてしまいます。

一番いいのは、ぬるめのお風呂に時間をかけてゆっくり浸かること。体が芯から温まり、筋肉のコリもほぐれやすくなります。毎日が難しのであれば、週に1~2回「じっくりお風呂の時間」を設けるようにすると良いです。

 

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

冷えるこの時期は腰痛に注意!!

こんばんは。12月に入って急に寒くなってきましたね!

そんな時は腰痛に注意です!

寒くなってきましたね、年末になり忘年会、年末年始に向けての大掃除など忙しくなってっきます。

新たな気持ちで新年を気持ちよく迎えるためにも今のうちにお体のメンテナンスもご一緒にしませんか?

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp

なぜ“健康になる為には運動”なのか。

運動のメリットは、とてもたくさんあります。
“健康の為に運動をしなければ…”と考えている方は多いかもしれないが
“なぜ健康の為に運動をしなければならないのか”これがハッキリしていないから
運動を始められない人も多いのではないでしょうか?
そんな方の為に“運動がもたらす効果”をハッキリ理解していただきたいと思います。

生活習慣病予防

 適度な運動をすると、血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させ、
反対に善玉コレステロール(HDL)を増やしてくれます。
またインスリンの働きをよくして、血糖値の上昇を抑えてくれます。

アンチエイジング効果

 からだの老化は、成長ホルモンの減少をきっかけにして、20代から始まります。

しかし老化のスピードは人によって違います。適度の運動によって、成長ホルモンの分泌を促進させ、外見だけでなく内臓の老化速度を遅らせることができます。

ダイエット効果

 歳をとると筋肉が衰え、代わりに脂肪(体脂肪)がつきやすくなります。
これがプロポーションの変化や肥満の原因に。有酸素運動をすると、
脂肪が燃焼しやすくなります。また筋肉運動は、基礎代謝量を高め、
脂肪のつきにくいからだをつくります。

リフレッシュ効果

 運動によって脳の神経伝達物質の働きがよくなり、
精神的にもリフレッシュすることができます。
また脳が活性化することで、ボケ予防の効果もあることが知られています。

持久力や疲労回復力の増進効果

 運動を続けると心臓や肺、血管などの機能が高まり、
からだの隅々まで血液の流れがよくなります。
その結果、持久力がついて疲れにくくなると同時に、
疲労からの回復も早くなります。

骨や関節を丈夫にし、動作をスムーズにする効果

 運動によってカルシウムの生成が促進され、骨や関節が丈夫になります。
その結果、女性に多くみられる骨粗しょう症を予防することができます。
また、からだのバランスや動きを調節する神経伝達物質が活性化されるので、
日常生活の動作がスムーズになります。
健康の為に運動を行うことは
大切だとわかっていてもなかなか運動を始められない方は多いです。
いきなり頑張って始めるのではなく、ご自身の体調やモチベーションに合わせて
まずは、軽い運動を5分からでも良いので始めて見てはいかがでしょうか?
きっと新たな自分に出会えるはずです…

千葉県緑区あすみが丘で腰痛

ヘルニア、坐骨神経痛でお困りの方は

グリーンヒル鍼灸整骨院へ


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方はこちらから

http://greenhill-asumi.com


交通事故にあわれた方はこちらから

http://jiko-chiba.jp