原因によって種類分けされるむちうち

交通事故後に多くの方が悩まされている「むちうち」。これは原因によって、数種類に分類される事をご存知でしょうか?あすみが丘にある当院では、交通事故後の不調に関する無料相談を行っております。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

頸部の捻挫

頸部の捻挫

事故の衝撃により、頸椎の周辺にダメージが及んだ場合の症状です。むちうちでお悩みの方の多くは、「頸椎捻挫型」と呼ばれる症状が起こっています。むちうち経験者の8割がこの症状に当てはまると言われています。主な症状は、肩こり、首周辺のコリ、手や腕のしびれや倦怠感などが挙げられます。

不調の原因は、事故の衝撃により頸椎周辺にある筋肉や靭帯などにダメージを受けた影響である事が多いです。比較的軽い症状に分類されますが、不調を感じる方は、早めに整骨院でのケアを受けて下さい。

脊髄へのダメージ

事故のダメージが脊髄に及んだ場合には、「脊髄症状型」の症状が引き起こされる事があります。
予測できる症状としては、手や指先、腕などのしびれ、筋力の低下、下肢の知覚障害などが起こる事もありますし、最悪の場合には麻痺が残るといった障害へと発展してしまう事もあります。また、「脳脊髄液減少症」も脊髄系のむちうちに分類されています。これは、事故のダメージで髄液が漏れ、めまいや耳鳴り、吐き気などを引き起こす症状です。

神経系へのダメージ

神経系へのダメージ

「バレーリュー症候群」、別名「後部交感神経症候群」とも呼ばれる症状は、事故のダメージが神経系に及んだ場合に該当します。主な症状は、めまいや頭痛、耳鳴りの他にも視力や聴力の低下などがあります。同様にして、頸椎内部にある神経に何らかのダメージが及ぶ事で、「神経根型」の症状を引き起こす事があります。主な症状は、首や顔面の痛み、指先や手、腕などに感じるしびれやだるさなどが挙げられます。

交通事故後のむちうちならあすみが丘にある当院へ

原因によって違うむちうちですが、早い段階からケアするなら、あすみが丘にある当院をぜひご利用下さい。交通事故後のむちうちに関する悩みなら、無料相談を承っております。これまでに何度か専門医の治療を受けたが、一向に首の痛みや腰痛などの症状が改善しないという方でも、まずは一度ご相談下さい。納得いただいた上で、オーダーメイドの施術を行っていきます。