デスクワーク中の腰痛をどうにかしたい!

デスクワーク中の腰痛をどうにかしたい!

 

デスクワークは、男女ともに関心の高い職業です。
インターネットの普及により、今ではほとんどの企業でパソコンが使用されるようになりました。しかし、デスクワークによる腰痛が多くの現代人を悩ませています。あすみが丘近くにある整骨院では、デスクワーク中にありがちな腰痛ケアができるメニューをご用意しております。

 

当院では7割以上の方が腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の方です。腰痛は現代社会の中で本当に多い症状の一つです。なぜこんなにも腰痛が多いかと言いますとこれは遡れば人間の二足歩行からきています。まず体を哺乳類の中でも2本足で体を支えるのは人間だけかと思います。

 まず頭の重さだけみても、頭の重さは大体体重の8〜13%です。50キロの方ですと約5キロですね。これはボーリングの球の重さに相当します。

 それが体のてっぺんにある状態なのでよく考えてみると不安定な気もしますね。そういった頭の重さもそうですし上半身の重さをすべて腰で支えています。

 そしてさらに腰を支えている筋肉。これが重要です。骨盤や背骨の周りにはお身体のなかでも非常に大事な筋肉が多くあります。これはインナーマッスルといって姿勢を保ったり、歩いたり走ったりするために常に使われている筋肉です。そして無意識で使われています。

 しかし今現在に日常生活がどんどん便利になることによりこの無意識に働くインナーマッスルが急速に落ちてきています。

 理由としてはデスクワークが増えている、車に乗る人や公共期間の充実、お子さんで言えば外で足裏回って遊子が減ったなど、ここ十数年ほどで生活はかなり変わっています。これと比例して腰痛も増えております。

 だからまずこの骨盤、背骨周りにあるインナーマッスルは必ずつけないといけません。

 そして姿勢、歪み。いくら筋肉があっても姿勢が悪かったり、ゆがんでいると体にそれだけ負担がかかります。だからまずお身体をニュートラルな状態、体本ライの状態に治すことが必要です。

 例えば長時間のデスクワークをすると腰が痛くなるという方が多いですが、当然同じ姿勢で長時間いることにより血行が悪くなり筋肉も硬くなり痛みもでます。こういった状態にならないよう、負担がかからないよう、正しい状態、本来の状態にもどしてあげることが大事です。

デスクワーク中に多い腰痛

データ入力、コール業務、プログラマー、事務職などのデスクワークをしていると、腰痛に悩まされるケースが非常に多いです。一日中椅子に座りながら仕事をする上では、体を「酷使」する事はありませんが、逆に「動かない」事によるデメリットがあります。

私たちの体は全身にある筋肉を使って血を巡らせる事で代謝を行い、老廃物を排出しています。しかし、体を動かさない事で、この一連の仕組みが劣ってしまいます。その結果、肩こりや腰痛を引き起こしてしまうと言われています。

なぜ腰痛になるのか?

なぜ腰痛になるのか?

 

長時間椅子に座る事で、腰周辺の筋肉が緊張し、腰への負担が大きくなる事が一番の原因です。実は椅子に座っている時の腰には、立っている時の約2倍もの負荷がかかっていると言われています。毎日8時間もしくはそれ以上の業務をしているのであれば、長時間腰に大きな負荷がかかる事になります。それでは最終的に腰が悲鳴を上げ、腰痛を引き起こしてしまいます。

腰痛の根本的な原因は、運動不足以外にも生活習慣と複雑にからみ合っていますので、気になる方は整骨院へご相談下さい。

整骨院に相談しよう!

デスクワーク中の腰痛だけでなく、頭痛や冷え性などでお悩みの方は、整骨院をご利用下さい。
整骨院では、一人ひとりに合わせたケアを受ける事ができます。
腰痛の原因が実は内臓にある場合もあるのですが、直接原因を探り当て、改善を目指す事も可能です。ボディケアを定期的に受ける事で痛みを引き起こさない体作りが目指せますので、体の不調を感じた際は、すぐに整骨院をご利用下さい。

あすみが丘周辺で整骨院をお探しなら

あすみが丘周辺にて整骨院をお探しの方は、ぜひ当院をご利用下さい。
腰痛だけでなく、頭痛、交通事故治療などでお困りの方の利用が可能な、骨盤矯正や鍼灸といったメニューをご用意しております。ご不明な点などがございましたら、お気軽にお電話下さい。